<Array

賛助会員への加入について(お願い)

 昨今の障害者を取り巻く環境を申し上げますと、国においては平成26年1月障害者権利条約の批准国となり、平成28年4月から障害者差別解消法が本格施行され、障害を理由とする差別の禁止は官民ともに義務、合理的配慮の提供(例えば講演会で点字資料や手話通訳者をおく、店内カウンターを車椅子でも利用できる高さにする など)については、基本的に行政機関は義務、民間事業者については努力義務となりました。
 また、本県においては平成26年10月1日から障害者差別禁止条例(障害のある人もない人も共に生きる鹿児島づくり条例)が施行され、福祉サービス、医療、商品販売、労働・雇用、公共的施設、不動産取引、情報提供等の分野ごとに障害を理由とする不利益取扱の禁止が規定されました。
 このように、障害者をとりまく制度改善が進む中で、当協会では障害のある方に対する理解と認識を高めるとともに、障害者の社会参加促進等のために、各種事業に取り組んでいますが、新たな財源を国や県に頼れる状況にはなく、当協会単独事業をはじめ各事業を円滑に行うためには、独自に財源を確保する必要があります。

 つきましては、なにかと出費多端の折り、誠に恐縮に存じますが、当協会の活動内容等をご理解のうえ、賛助会員として、ご協力・ご支援くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 なお、当協会の設立目的や会員制度の概要については、以下のとおりです。

当協会の設立目的(定款第1条 一部抜粋)

 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意、工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援する。

賛助会員制度概要

 制度設置

 障害のある方への県民の理解不足、地域間での障害者福祉サービスの格差、障害者の方の情報通信機器の利用率の低さ、さらには障害者の社会参加の推進等々の課題があり、施策の充実が求められる一方で、国や県の財政状況も厳しい中、更なる助成を受けることは困難であることから、広く一般の皆様からのご理解ご支援のもとに各種事業を進めていきたいと考え、賛助会員制度を創設いたしました。

対象

 身体障害者福祉活動に係るボランティア団体及び身体障害者福祉活動を理解し、協力 と支援を行う法人、団体、個人

年会費

一口 10,000円(何口でも可)

会員としての登録

当協会のホームページと広報誌で紹介させていただきます。
(ホームページは「鹿児島県身体障害者福祉協会」で検索してください。)

会員の特典

協会広報誌「かんぎ(咸宜)」の贈呈

各会員のホームページへのリンク(希望者のみ)

会費の使途

協会広報誌の発行など、協会単独事業の実施のために使用します。

お問い合わせ先 ~ お気軽にお尋ねください。

鹿児島市小野1丁目1番1号
社会福祉法人 鹿児島県身体障害者福祉協会 法人本部
TEL 099-228-6271
FAX 099-228-6710

会員名簿

 

ご加入頂ける方へ

当協会の賛助会員にご加入いただける方は、以下の手続きをお願いいたします。

年会費の納入

郵便局の「払込取扱票」でご入金ください

 郵便局の「払込取扱票」は、電話でお名前等を確認次第、郵送させていただきます。(手数料は当協会で負担しますので、加入者の負担はありません。)

寄付

身体障害者の方の福祉向上のために、ご寄付いただける場合は、下記にお電話ください。
受け取り方法や、寄付に際しての条件などありましたら、お聞かせください。
TEL 099-228-6271
鹿児島県身体障害者福祉協会 法人本部

次の方からご寄附をいただきました。
ありがとうございました。

平成27年12月、28年1月 株式会社本坊商店様
平成28年 2月 MBC開発株式会社様
平成28年 5月 株式会社フレイスコーポレーション様
平成28年12月 MBC開発株式会社様
平成28年12月 ひだまり鍼灸整骨院様
平成29年 7月 公益社団法人24時間テレビチャリティ委員会(テレビ録字機)
平成29年12月 MBC開発株式会社様
平成30年5月 大原貞子様(屋久島町)
平成31年1月 MBC開発株式会社様
令和元年11月 MBC開発株式会社様

ページトップへ